「赤ちゃん本舗」に負けないぞ!

赤ちゃんのグッズからママのお役立ちグッズを沢山紹介します。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ
アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
七五三衣装宅配レンタル

>>ネット注文限定割引中!七五三宅配レンタル


七五三の起原
七歳のお祝い「帯解(おびとき)の儀」女児
鎌倉時代、子供の着物にひもをつけて着付けていましたが、このひもをとって帯を結ぶ儀式が始まりました。

しかし「帯解の儀」となったのは室町時代からで、当初、男女共に9歳で行われていたものが、江戸末期から、男子は5歳に、女子は7歳となり、日取りも11月15日と定められました。

父親が息子の帯を締め、母親が娘の帯をかつぎ締めました。また、女子はこのとき初めて被衣をかぶる儀式もしました。


三歳・五歳のお祝い「袴着(ちゃっこ)の儀」男児
平安時代、男児女児ともに3~4歳から6~7歳のときに、初めて袴をつける儀式を行いました。これも碁盤の上に子供を立たせ、腰結いの役の人が袴をつけました。

この頃は吉日を選び行っておりましたが、室町時代に11月15日と定められ、江戸時代以降は、男子のみの風習となりました。現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。


三歳のお祝い「髪置(かみおき)の儀」女児
平安時代は、男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り、3歳まで坊主頭で、3歳の春から髪をのばし始めました。

碁盤の上に子供をのせ、髪置親をたて、白いすが糸で作ったかずらをかぶせて「髪置の儀」を行い、その後、最初はおかっぱに、前髪がのびてくると振り分けに、女子はやがて振り分けの「おすべらかし」となり、以後は、夫に先立たれる事でも無ければ、生涯髪を切りませんでした。

室町時代に入ってからは、かなり複雑になり、日取りも11月15日に定められ、対象年齢も公家は2歳、武家は3歳と決められました。


現在の七・五・三のお祝い
「七・五・三」の起源は上記の様なもので、現在11月15日を中心に、全国の社寺でお参りが行われていますが、江戸時代の風習にちなみ、3歳の男子と女子、5歳の男子、7歳の女子がお参りをしています。

最近では、洋服姿の子供さんの姿も多く見られますが、やはり男子の羽織と袴姿は一段とりりしく、女子の着物に祝い帯姿は大変可愛らしく、子供ながらに誇らし気なうれしさが伝わってきます。


七五三のお祝い日 カレンダー




■大安(たいあん) - 大安吉日で最良の日なり、特に祝祭日と重なる日のお祝い事は、かなりの人気が予想されます。

■友引(ともびき) - お祝い事には、大安と同様に良いとされ、特に夕方は良いといわれております。

■先勝(さきがち) - この日は急ぐことが良いとされ、午前中が特に良いといわれております。

■先負(さきまけ) - この日はお宮参りのような静かな儀式は良いとされており、特に午後は良いといわれています。

■赤口(しゃっこう) - この日は正午を中心に良い日とされております。

■仏滅(ぶつめつ) - 昔から何事にも良くないと言われておりますが、最近では
こだわらない方も多くなりました。





 

 

 

スポンサーサイト


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ
アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
コメント
この記事へのコメント
こんちわ
良いブログですね
応援ポチッ!
2008/09/19(金) 00:24:34 | URL | ココロ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/03/12(土) 18:31:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b8763.blog122.fc2.com/tb.php/580-7b662a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/09/18(木) 16:12:39 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。