「赤ちゃん本舗」に負けないぞ!

赤ちゃんのグッズからママのお役立ちグッズを沢山紹介します。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ
アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
乳歯をむし歯から守ろう!乳歯のお手入れ方法とビーンスタークハキラ
乳歯をむし歯から守ろう!乳歯のお手入れ方法とビーンスタークハキラ

むし歯菌のひとつであるミュータンス菌は、お子さまが1歳7か月頃から2歳7か月頃の時期に大人からの感染によって口の中にすみつくといわれています。この時期に、ミュータンス菌の感染を防ぐことが大切です。赤ちゃんができたら、おとうさん、おかあさんは自分の口の中のミュータンス菌を除去することを心がけましょう。お子さまには奥歯が生え始めた頃から心がけましょう。

乳歯の生える時期は?
乳歯は全部で20本。平均で生後8~9か月のころから生えはじめます。早い子の場合は3~4か月から、中には生まれたときに1本生えていたというケースや、遅い場合は1歳3か月のころからようやく生えてきたというケースもあります。
下の前歯2本から生えはじめ、次に上の前歯2本、2歳半ばころまでに奥歯が生えてきてそろいます。といっても上の歯から生えてくる子もいますし、また、上下2本ずつ生えた後、次の歯が生える間があくケースもあり、生える順番、スピードも個人差があります。
歯の素は、生まれたときに赤ちゃんの歯ぐきの中にできています。いつ顔をのぞかせるかは個人差がありますから、あまり気にしなくてもよいですね。


時期別 お手入れレッスン
歯が生え始める前に…歯みがきトレーニング
歯が生えたからといって、いきなり歯ブラシでゴシゴシしたら、赤ちゃんがいやがる可能性は大ですね。歯が生え始める前から少しずつトレーニングしておきましょう。
赤ちゃんの口の周りは、汚れたときにガーゼでこまめにふいてあげて。そして、赤ちゃんの口におうちのかたの指を入れて歯ぐきをなでてみてください。抵抗がなくなったら、ガーゼで歯ぐきをふいてあげたり、赤ちゃん用指歯ブラシで歯ぐきをおそうじしてあげてもいいですね。
握ることができるようになったら、喉をつかないようにできている赤ちゃん用の安全プレートつき歯ブラシを持たせてみて。ただし、歯ブラシを持たせるときは、事故防止のため、必ず大人の目の届くところにしましょう。

歯が生えたら…歯みがきスタート
生え始めのトレーニングは引き続き続けてください。夜寝る前の習慣にしましょう。下の前歯は唾液腺の近くなため、汚れがつきにくい歯。食後にスプーンでお茶を含ませて口の中を洗い流す程度でもOKです。歯が生えはじめたころは、歯がかゆくて何でもかじりたがります。歯固めをあげてもよいですね。

上下生えそろったら…コップの練習
上の歯はむし歯になりやすいので要注意。食後は口の中をきれいにするため、コップでお茶を飲む練習をしていきましょう。ガーゼでふいたり、指歯ブラシや、歯ブラシでおそうじを。

奥歯が出てきたら…本格的歯磨き開始
奥歯は唾液腺から遠く、汚れもたまりやすいため、しっかりと歯磨きをしましょう。まずはおうちのかたの歯みがきを見せましょう。赤ちゃんもまねしたくなるかもしれませんね。
自分でいつものように歯ブラシした後は、おうちのかたが仕上げ磨き。お子さんを寝かせて頭を膝の上におきます。鉛筆を持つ感じで軽く歯ブラシを持ち、歯に直角に当てて1、2本ずつ10回程度やさしく磨きます。磨き順を決めておくと磨き残しを防げます。できれば毎食後、いやがるようでも寝る前には必ず磨いてあげてください。


歯磨き後の新習慣!ビーンスタークハキラ お子さまの歯を大切に。妊娠中のママのオーラルケアにも。

<大人のむし歯も要注意>
おうちの方にむし歯があってミュータンス菌(むし歯の主な原因菌)がいる場合に、その人が使った箸で赤ちゃんに食事を食べさせるなどすると、赤ちゃんの口の中にミュータンス菌がうつってしまいます。
赤ちゃんの口の中には、もともとミュータンス菌がいませんから、まず大人がもっているむし歯菌を感染させないことが大切です。ママやパパの歯が健康なら、それだけ赤ちゃんがむし歯になるリスクも少なくなります。
以下にむし歯予防のポイントを記載しますが、根本的にはミュータンス菌を感染させないことこそがむし歯予防法となります。

<食後にお茶の習慣を>
お茶には、抗菌作用のあるカテキンと歯の質を強くするフッ素が含まれています。哺乳瓶やトレーニングカップだと飲み干すだけなので、最初はスプーンであげたり、徐々にコップで飲む練習をしていきましょう。

<デザートにはいちごやプラムはいかが>
いちごにはキシリトールという糖がたくさん含まれています。キシリトールは歯を溶かす酸の発生をおさえ、むし歯菌の活動を弱め、むし歯予防にはかかせない唾液の分泌をうながします。うがいができるようになったら、キシリトール入り歯磨き粉を使ったり、飴を食べられるようになったらキシリトール入りにするのもよいですね。

<フッ素を活用する手も>
フッ素は歯を強くしむし歯を予防することができます。歯医者さんで前歯がそろったころに一度、奥歯が生え揃ったころに一度ぬり、その後は1~3年ごとにぬっていきます。うがいができるようになったら、フッ素入りうがい薬や歯みがき粉を使用してもよいでしょう。


  

スポンサーサイト


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ

テーマ:オススメな商品 - ジャンル:育児

アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b8763.blog122.fc2.com/tb.php/10-9ad9e349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。