「赤ちゃん本舗」に負けないぞ!

赤ちゃんのグッズからママのお役立ちグッズを沢山紹介します。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ
アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
お祝い事 年中行事

アップロードファイルアップロードファイル赤ちゃんの祝い事アップロードファイルアップロードファイル

愛するわが子が健やかに育て欲しい。
そんな願いを込めて、「命名」 「お宮参り」「お食い初め」・・・  
親は色々な祝い事をします。
また、各地では、伝統的な「赤ちゃんの行事」もあります。
そんな、赤ちゃんの祝い事の基礎知識を紹介します。

 


 


帯祝い
「帯祝い」とは、妊娠5カ月目の頃の戌(いぬ)の日に、おなかに腹帯を巻いて妊娠を祝い、安産を祈るならわしのこと、古くは『古事記』にも記述が残るそうです。犬は安産といわれているので、それにあやかってこの日に儀礼を行うようです。
帯祝いに使う帯を岩田帯と呼び、女性の実家や、地域によっては子宝に恵まれた夫婦や仲人から贈られます。
岩田帯は、紅白の絹の帯地各1筋と、白木綿1筋の計3本を重ね、奉書紙で包むのが正式な方法ですが、実際にお腹に巻く木綿帯1丈を奉書紙に包んで贈る略式の方法もあります。
「腹帯」をつける習慣や、神社などで安産祈願をするならわしは、現在も広く行われていますが、神社などで祈祷済みのさらしを受け取って記念にするだけで、実際に妊婦さんが着用するのはマタニティガードル コルセットタイプが主流のようです。

   戌の日カレンダー  大安の戌の日  
     2011年

     1月 7(金) 19(水) 31(月)
     2月 12(土) 24(木)
     3月 8(火) 20(日)


命名 お七夜
生まれた赤ちゃんに名前を授けることを命名と言います。
日本では赤ちゃんが生まれて7日目の夜に誕生を祝うと同時に、名前を筆書きした。命名書を披露して、お祝いのお膳を用意する行事があります。
これを「お七夜」と言います。
昔の赤ちゃんは無事に生まれても成長することが難しかったので、7日間何事もなく育ち、これからも元気に育つようにと祈って行われました。
それが今に受け継がれています。

お宮参り
「初宮」とも呼ばれ、赤ちゃんの健やかな成長を神様に願う行事。
男の子は生後31日。
女の子は生後33日に地元の神社にお参りします。
通常なので、日程はママや赤ちゃんの体調に合わせて調整する事も可能です。
服装も普段着でも構いません。
夫の母親(おばあちゃん)が赤ちゃんを抱き、妻が付き添うのが昔のしきたりだが、現代では両家の家族揃ってでかけたり、夫婦だけで行くこともあるので、赤ちゃんを誰が抱いても構わないです。赤ちゃんはその後も着られるベビードレスを着て、打ち着だけレンタルする人も増えている。付き添いは紋付きが正式だが、ワンピースやスーツで良いでしょう。


お食い初め
「箸初め」「箸祝い」とも言われ、
一生食べ物に困りませんように・・という願いを込めて行われる
行事です。
生後100日目くらいに、漆器のお膳にお赤飯、鯛の尾頭つきを用意して、 赤ちゃんに食べさせる真似(まね)をします。
長寿にあやかる意味で、親戚の中の最年長の人に、赤ちゃんに食べさせる 真似をしてもらいます。
生後100~120日の間に、「赤ちゃんが一生食べ物に困らないように」と願うもの。漆器の食器を揃えるのが正式だが、レンタルもあるし、日常に使える離乳食セットを使ってもよい。もちろん、まだ赤ちゃんは食べられないから、食べさせるまねをするだけでよい。
お祝いのメニューは尾頭つきに赤飯、お吸いもの、歯固め用のくりが基本。市販のお食い初めセットもあります。離乳食の手始めとして、重湯や裏ごし、ジュースを用意しても良いでしょう。

初節句
赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のこと。
女の子なら「初雛」(はつびな)
雛人形を飾る。 「桃の節句」
ハマグリのお吸い物とちらし寿司、ひなあられなどで祝う。

男の子なら「初幟」(はつのぼり)
こいのぼり鎧兜(よろいかぶと)を飾る。 「端午の節句」
ちまきや柏餅で祝う。

それぞれ3月3日と5月5日に無病息災を祈ってお祝いするのが一般的です。

おじいちゃん、おばあちゃんはもちろん、もし親戚や仲人さんからもお祝いをいただいたら、お祝いの席に招待しよう。遠方であれば、人形や鯉のぼりの前で撮った写真を添えて、内祝いとして相応のお返しをするのが礼儀。いただいた額の半額程度の品物を、節句後の1週間以内に贈ること。

出産祝いと内祝い
赤ちゃんが生まれたら、双方の両親や家族はもちろん、仲人さんやごく親しい人に電話などでしらせよう。そのほかの知り合いには年賀状や暑中見舞いに書き添える程度でOK。
もし、「出産祝い」をいただいたら、内祝いも忘れずに。20日~1カ月前後(お宮参りのころ)までに贈るのがマナー。金額はいただいたお祝いの3割~5割くらいが相場と言われている。品物は、自分たちのセンスで選んだ小物や日用品でOK。たくさんあっても困らない、タオルやお菓子やコーヒーなどが人気。最近では、相手が商品を選べるカタログギフトや商品券も増えている。
のし紙は両親の名前ではなく、赤ちゃんの名前を書き、ふりがなをふるといいだろう。本来持参するのが筋だから、内祝を贈るときには、お礼を書いたカードなど添えよう。

初誕生日
とうとう1歳の誕生日!
この1年で頼りなかった赤ちゃんも劇的に変化して大きく育ってくれました。
初めての誕生日はやっぱり感慨深いものがありますね。

バースデーケーキに蝋燭(ろうそく)を立てて祝う習慣は欧米のもの。
昔ながらのお祝いが日本にも残っています。
赤ちゃんに「誕生餅」という一升餅を背負わせて歩かせる行事です。
一生背負いきれないほどの食べ物に恵まれるように・・という願いが込められています。
あと、誕生日の前にヨチヨチ歩きをした子供は、成長したら家から離れてクラスという言い伝えがあり、それを嫌ってわざと大きなお餅を背負わせて尻餅をつかせる意味もあるそうです。
地方によって、足型のお餅を踏ませてから背負わせるなど、多少の違いはあるようです。

初正月
お正月に羽子板を飾ったり、女の子の初正月に羽子板を 贈るのは、
魔除け・厄被いの意味があります。
新年の幸福を祈ったり、誕生したばかりの 赤ちゃんが、
丈夫に、すくすくと育つようにとの願いを込め て飾ります。

初正月を迎える男の子に破魔弓を贈る習慣は、江戸時代に始り現代まで受け継がれています。
破魔弓には、さまざまな邪気から身を守る力があると昔から信じられてきました。
そのため、初正月の祝い以外にも、新築の家の上棟式に供えたり、正月の破魔矢を飾ったりする風習が今も広く行われています。

スポンサーサイト


「赤ちゃん本舗」に負けないぞ! TOPへ

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

アカチャンホンポ赤ちゃん本舗子供育児ベビーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。